shattered-blog.com

投稿記事数[8740]以上!ゲーム,PC,カメラ,動画などを、アヤしゐ「專門妖語」を使ッて解説スル!

DISTINCTの逆(重複を抽出するSQL文)

投稿日:

以下のようなテーブルがある。

id,item_code,reg_date
1,00A,2014-04-01
2,00B,2014-04-02
3,00C,2014-04-03
4,00A,2014-04-04
5,00B,2014-04-05
6,00A,2014-04-06

ここから、重複を省いて結果を得たい時は DISTINCT を使う。

SELECT DISTINCT `item_code` FROM `テーブル名` ;

00A
00B
00C

しかし「重複しているのは何か」を知りたい時がある。

その場合、以下で対応可能。

SELECT * FORM `テーブル名` GROUP BY `item_code` HAVING COUNT(*) > 1 ;

`item_code`でGROUP化し、その上で件数が1より多い、とすればよい。

1,00A,2014-04-01
2,00B,2014-04-02

但し、GROUP BYを使用しているため、重複している1件は取り出せるが、他は取り出せない。

00Aは3件重複、00Bは2件重複しているが、表示されるのは1件しかなく、その1件はそのうちどれかは未確定である。

関連:MySQLに於けるGROUP BYでのミス(集約キー以外を書いてしまう)

重複しているレコード全てを取り出すには、

SELECT * FORM `テーブル名` WHERE `item_code` IN (SELECT `item_code` FROM `テーブル名` GROUP BY `item_code` HAVING COUNT(*) > 1) ;

とする。

サブクエリは上のSQL文とほぼ同じで、全体からitem_codeが「重複した`item_code`」と同じものを取り出すことで、実現している。

INはORの省略形、との理解で止まりがちだが、条件に合うものを取り出すには、INは非常に適している。

では、ここで例題。

例題

`sp_id`は上司のidを示す。

<部下のいる人のid,name,wardを抽出セヨ>

回答:

SELECT `id`,`name`,`ward` FROM `members` WHERE `id` IN (SELECT `sp_id` FROM `members`) ;

Bill Karwin
オライリージャパン
売り上げランキング: 12,496



ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2018年12月発売 20タイトル収録
セガゲームス
2019年9月発売 42タイトル収録
セガゲームス
2019年9月発売 42タイトル収録
コナミデジタルエンタテインメント
2020年3月発売 58タイトル収録

-Linux, データベース

Copyright© shattered-blog.com , 2019 All Rights Reserved.