ハードディスクメンテナンス ブログ

投稿記事数捌阡貳陌以上!PC,旧ゲーム,カメラ,動画などを、アヤしゐ專門妖語を使ッて解説スル!

(Debian7.4)ミラーリングのスペアディスクの追加と自動リビルド(再構築)

      2017年09月25日

>>高還元のクレジットカード比較 期間限定のキャッシュバックなど!<<


ミラーを組んでいるsdaとsdcがある状態で、スペアディスクとしてsdbを追加する。

(今回の場合、a,cがあり、そこにbを追加なので、以後注意)

まず、空のディスクであるsdbを取り付ける。

sdaとsdcがミラー、そこにsdbを追加していく
sdaとsdcがミラー、そこにsdbを追加していく

取り付けたsdbの状態(空)
取り付けたsdbの状態(空)

ミラーにスペアを追加するには、ミラーを選択し「%d個のコンポーネントを編集」をクリック。

%d個のコンポーネントを編集
%d個のコンポーネントを編集

この「%d個」という謎の表示Debian(6.0.9)でも見られるが、7.4になっても直っていない。

Linuxのミラーは、ハードウェアRAIDやWindowsのソフトウェアRAIDとは異なり、ディスクそのものをミラーとするのではなく、Partition毎にミラーを組んでいく必要がある。

同様に、スペアを追加する際も、Partition毎に追加していくことになる。

Partition毎に追加するのは、無駄なPartitionがミラーされるのを防ぐことができ、柔軟性も高いが、単にディスク全体をミラーしたい場合には、非常に面倒である。

また、後述するが、Partition外(MBR)はミラーされないので、起動ドライブとしている場合は、注意が必要となる。

sdaとsdcには複数のPartitionがあるので、sdbを追加した後、Partition毎にスペアを設定していく。

sdaとsdcにスペアを追加
sdaとsdcにスペアを追加

スペアとしてsdbを追加
スペアとしてsdbを追加

80GB中の77GB(第1Partition)のスペアを組む
80GB中の77GB(第1Partition)のスペアを組む

sdbの第1Partition(77GB)をスペアに設定
sdbの第1Partition(77GB)をスペアに設定

同様に、sdbの第2Partition(3.3GB)のスペアも設定
同様に、sdbの第2Partition(3.3GB)のスペアも設定

スペアを設定した時点では、sdbに対するリビルド作業は行われない。

リビルドは、sdaかsdcがダメになった時点で発動する。

スペアは「控え選手」なので、この後sdaかsdbの何れかが壊れた場合に自動的に登板することになるが、本当に登板してくるか確認しておかなければならない。

ということで、ディスクが壊れた場合を再現するため、システムの稼働中にsdaのSATAケーブルを抜く。

左端がsda
左端がsda

sdaのSATAケーブルを抜いた
sdaのSATAケーブルを抜いた

今回は試験環境なのでこのような無理な操作ができるが、当然、実環境では行わないこと。

すると、sdaがなくなったことがすぐには検知されないが、暫くすると検知され(デグレード状態)、自動的にスペアであるsdbに対する再構築が始まる。

再構築(リビルド,リカバリ)中
再構築(リビルド,リカバリ)中

sdbに対する再構築(リビルド,リカバリ)が行われている
sdbに対する再構築(リビルド,リカバリ)が行われている

再構築中でもシステムは稼働しているので、ダウンタイムは少ない。

再構築が終了すれば、sdcとsdbのミラーとなる。

が、以前書いたように、grubは追加したドライブ(sdb)には入っていないので、入れておく必要がある。

スポンサーリンク

そうしないと、sdcが壊れた時、sdbから起動できなくなる。

MBRはPartition外であり、ミラーされないのだ。

—–

スペアディスクを追加する利点は、自動的に登板してくるので、ダウンタイムなしで再構築が可能な点。

システム外に予備ディスクを保管しておく場合、一旦シャットダウンしてから追加しなければならず、ダウンタイムが生じる。

難点(欠点)は、スペアディスクは常に通電されていること。

つまり、登板の機会がなくても、常に年を取っている(ディスクは通電し回転している)わけで、初登板時、既に「老齢」となっていることがある。

もちろん、控え選手が初登板することなく●ってしまうこともあろうが..

—–

sda,sdb,sdcがある環境で、sdaを抜くと、sdbに対してリビルドされるが、再起動後、

sda→none
sdb→sdb
sdc→sda

と名称が変わってしまう。

—–

リビルド後のsdbだけでも起動も可能(名称はsdaとなる)。

但し、先述のようにgrubをインストールしておく必要がある。

当然、sdb単体では危険(sdbが●んだら終わり)なので、速やかにディスクを追加し、ミラーを構築する必要がある。

—–

その後、元sdaと元sdcをつなぐと…

どれが元か分からなくなる

そして、色々設定していると、

三台にまたがったミラー

のような部分的に三台にまたがったミラー(笑)となってしまい、三台セットでないと不可になってしまう

こうなると、どれか1台を削除しようにも、使用中で削除できない

同型式のディスクだと、型式だけでは区別が付かず、先述したようにsdaやsdb,sdc…という名称も変わってしまう。

ドライブはシリアル番号で区別し、確認しながら作業しよう。

ミラーを組む場合、同型式だと同時期に故障することがあるので別型式にすべき、なのであるが、別型式で組むのにはどうも抵抗があるのだ…

—–

追加するディスクは、完全にデータ消去したものを使うこと(私はコレを使っている)。

何か残っていると、追加後に不明なミラーが組まれ、削除しようにも「使用中」と出て削除できないことがある。

—–

ミラー構築、スペア追加、欠落、リビルド、片肺起動、新規ディスク追加等、チェックすべき項目は多々あり、それらのテストには非常に時間がかかる。

それだけ苦労したにもかかわらず、正式運用時後は問題が発生しないかもしれない。

しかし、これらをテストし、問題なく復帰できるようにしておかなければ、ミラーを組んでいる意味はない。

Debian GNU/Linux徹底入門第3版 Sarge対応
武藤 健志
翔泳社
売り上げランキング: 98,378
スポンサーリンク



sha-bc@336×280

sha-bc@336×280


sha-bc@336×280

sha-bc@336×280

  関連記事

B00JLA0AE6
Seagate(シーゲイト)の 2TB ハードディスク Barracuda 7200 メーカー保証2年+1年 延長保証付 ST2000DM001/EWN(FFP) がタイムセールで5,952円!

【Amazon.co.jp限定】Seagate 内蔵HDD Barracuda …

no image
250GBのハードディスクが値下がり

秋葉原では、HGSTのハードディスクHDS722525VLAT80(250GB/ …

no image
バッドセクタ数の変化(Debian7.4)

勝手に減少し、消滅するかと思われた(笑)、バッドセクタのその後。 11→15ww …

B00S1V3G3I
Crucialの SSD 500GB SATA3 6Gb/s CT500MX200SSD1 がタイムセールで19,980円!

Crucial [Micron製Crucialブランド] 自社製MLCメモリー搭 …

B015FGGW14
WD(Western Digital)の 2TB ハードディスク WD Blue 2年6ヶ月保証 WD20EZRZ/AFP がタイムセールで6,566円!

【Amazon.co.jp限定】WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ …

B00VX82KBK
Transcend(トランセンド)の SSD 1TB SATA3 6Gb/s TS1TSSD370S 3年保証 がタイムセールで35,480円!

Transcend SSD 1TB 2.5インチ SATA3 6Gb/s MLC …

B00EIQTKAS
Seagateの 2TB SSHD(ハイブリッド) 8GBMLC 64MB 5年保証 ST2000DX001 がタイムセールで10,500円!

Seagate シーゲイト 内蔵ハードディスク Desktop SSHD (ハイ …

B00VX82KBK
Transcendの SSD 1TB SATA3 6Gb/s TS1TSSD370S 3年保証 がタイムセールで37,000円!

Transcend SSD 1TB 2.5インチ SATA3 6Gb/s MLC …

B00VX82PA6
Transcend(トランセンド)の SSD 512GB SATA3 6Gb/s TS512GSSD370S 3年保証 がタイムセールで16,900円!

Transcend SSD 512GB 2.5インチ SATA3 6Gb/s M …

エラーのあったミラーの片方がイク事案が発生wwwww ソフトウェアRAID S.M.A.R.T.

ソフトウェアRAIDによるミラーの片方で、S.M.A.R.T.にエラーが見られた …