shattered-blog.com

投稿記事数[9020]以上!PC,ゲーム,カメラ,動画などを、アヤしゐ「專門妖語」を使ッて解説スル!

[AMD] Radeon Software v21.3.1 [Adrenalin 2020]

更新日:

(2021年3月)

Radeon Software(Adrenalin 2020)のv21.3.1がリリースされた。

Radeon_21.3.1

関連:Radeon Software Adrenalin 2020 Edition 21.3.1 Highlights (AMD)

2021年になっても、名称は「Adrenalin 2020」のムァムァのようだ。

アイドル時でもCPU使用率が高い問題が修正されているようなので、進んでアップデートすべきかはシラン(SILANE)。

Fixed Issues

・Radeon Software may sometimes have higher than expected CPU utilization, even when a system is at idle.
・A system hang or crash may be experienced when upgrading Radeon Software while an Oculus VR headset is connected to your system on Radeon GCN graphics products.
・Minecraft DXR may exhibit corrupted or missing textures when ray tracing is enabled on Radeon RX 6000 series graphics products.
・An application crash may occur in Call of Duty: Modern Warfare when ray tracing is enabled on Radeon RX 6000 series graphics products.
・Lighting fails to render correctly on Radeon RX 6800 series graphics products in Star Citizen.
・A black screen may occur when enabling and disabling Enhanced Sync while vsync is enabled in some Vulkan API games.
・A black screen or system hang may occur on Hybrid Graphics systems for some Vulkan API games when Enhanced Sync is enabled.
・Bethesda launcher may experience an application crash on startup when launching some games.
・Users may be unable to create a new scene in the Radeon Software Streaming tab on first launch or after a settings factory reset.
・Game specific performance tuning profiles may fail to load when a global performance tuning profile has been created or set.
・Disabling HDCP support and performing a factory reset and/or system restart may sometimes trigger a system crash or hang on boot.
・Epic Games social overlay or launcher may exhibit color corruption.
・Xuan-Yuan Sword VII may experience an application crash with DirectX12 ray tracing enabled on Radeon RX 6000 series graphics.
・Color corruption may be experienced in Cyberpunk 2077 when Radeon Boost is enabled.
・Display flicker or corruption may occur on high refresh rate/resolution multi-monitor system configurations on Radeon RX Vega series graphics.
・Audio loss or cutout may intermittently occur on some TV displays when Windows audio is set to use 5.1 or 7.1 speaker configurations.

修正された問題

Radeon Softwareは、システムがアイドル状態の場合でも、CPU使用率が予想よりも高い場合があります。
・OculusVRヘッドセットがRadeonGCNグラフィックス製品でシステムに接続されているときに、Radeonソフトウェアをアップグレードすると、システムがハングまたはクラッシュする場合があります。
・MinecraftDXRは、Radeon RX 6000シリーズグラフィックス製品でレイトレーシングが有効になっている場合、テクスチャが破損または欠落している可能性があります。
・Radeon RX 6000シリーズグラフィックス製品でレイトレーシングが有効になっている場合、CallofDuty:ModernWarfareでアプリケーションのクラッシュが発生する可能性があります。
・StarCitizenのRadeonRX6800シリーズグラフィックス製品で照明が正しくレンダリングされない。
・一部のVulkanAPIゲームでvsyncが有効になっているときに、拡張同期を有効または無効にすると、黒い画面が表示される場合があります。
・Enhanced Syncが有効になっていると、一部のVulkanAPIゲームのハイブリッドグラフィックシステムで黒い画面またはシステムハングが発生する場合があります。
・Bethesdaランチャーでは、一部のゲームを起動すると、起動時にアプリケーションがクラッシュする場合があります。
・ユーザーは、最初の起動時または設定を出荷時設定にリセットした後、Radeon SoftwareStreamingタブで新しいシーンを作成できない場合があります。
・グローバルパフォーマンスチューニングプロファイルが作成または設定されている場合、ゲーム固有のパフォーマンスチューニングプロファイルの読み込みに失敗することがあります。
・HDCPサポートを無効にし、出荷時設定へのリセットやシステムの再起動を実行すると、システムがクラッシュしたり、起動時にハングしたりする場合があります。
・EpicGamesソーシャルオーバーレイまたはランチャーは、色の破損を示す場合があります。
・Xuan-Yuan SwordVIIでは、Radeon RX6000シリーズグラフィックスでDirectX12レイトレーシングを有効にするとアプリケーションがクラッシュする場合があります。
・Radeon Boostを有効にすると、Cyberpunk2077で色が破損する場合があります。
Radeon RX Vegaシリーズグラフィックスの高リフレッシュレート/解像度のマルチモニターシステム構成では、ディスプレイのちらつきや破損が発生する可能性があります。
・Windowsオーディオが5.1または7.1スピーカー構成を使用するように設定されている場合、一部のTVディスプレイでオーディオの損失またはカットアウトが断続的に発生することがあります。

Known Issues

・The start and cancel buttons in the performance tuning stress test may disappear when Radeon Software is resized to be small.
・On a limited number of displays, the preferred desktop resolution in Windows may change when the display is power cycled.
・Enabling vsync in Rocket League and setting the game to use borderless fullscreen may cause stuttering or ghosting.
・Radeon RX 400 and 500 series graphics products may experience a TDR during extended periods of video playback.
・Brightness flickering may intermittently occur in some games or applications when Radeon FreeSync is enabled, and the game is set to use borderless fullscreen.
・Enhanced Sync may cause a black screen to occur when enabled on some games and system configurations. Any users who may be experiencing issues with Enhanced Sync enabled should disable it as a temporary workaround.

既知の問題点

・Radeon Softwareのサイズを小さくすると、パフォーマンスチューニングストレステストの開始ボタンとキャンセルボタンが消える場合があります。
・限られた数のディスプレイでは、ディスプレイの電源を入れ直すと、Windowsで推奨されるデスクトップ解像度が変わる場合があります。
・ロケットリーグでvsyncを有効にし、ボーダレスフルスクリーンを使用するようにゲームを設定すると、スタッターやゴーストが発生する可能性があります。
・Radeon RX 400および500シリーズのグラフィックス製品では、長時間のビデオ再生中にTDRが発生する場合があります。
・RadeonFreeSyncが有効になっていて、ゲームがボーダレスフルスクリーンを使用するように設定されている場合、一部のゲームまたはアプリケーションで明るさのちらつきが断続的に発生することがあります。
・一部のゲームおよびシステム構成で有効にすると、拡張同期によって黒い画面が発生する場合があります。拡張同期を有効にして問題が発生する可能性があるユーザーは、一時的な回避策として無効にする必要があります。

以下に書いたように、Chromeでの動画再生時のカクカクは、v20.7.1で解消したッぽゐ!

関連:[AMD] Radeon Software v20.7.1が登場、遂に「カクカク問題」が解決? [Adrenalin 2020]



プレイステーション クラシック
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2018年12月発売 20タイトル収録
メガドライブミニ
セガゲームス
2019年9月発売 42タイトル収録
メガドライブミニW
セガゲームス
2019年9月発売 42タイトル収録
PCエンジン mini
コナミデジタルエンタテインメント
2020年3月発売 58タイトル収録

-Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny, コンピュータ
-, , , ,

Copyright© shattered-blog.com , 2021 All Rights Reserved.