shattered-blog.com

投稿記事数[8970]以上!PC,ゲーム,カメラ,動画などを、アヤしゐ「專門妖語」を使ッて解説スル!

MD(MiniDisc,ミニディスク)について解説

更新日:

今回は、久々のオーディオネタ。

既に滅亡したMD(MiniDisc,ミニディスク)について解説シタル!

MiniDisc

MDは、SONYが1991年に発表した、光磁気ディスクの一種で、是も滅亡済のMO(Magneto-Optical disk)と同類の輩である。

MDとMO
↑当研究所に残/遺されてゐた、MD(左)とMO(右)

光磁気ディスクに対し、レーザーでアレして、その間に磁界を与ゑてナニする仕組み(後述)。

2ツのヘッド(双頭)

ミニディスクの録音機(レコーダー)には、再生ヘッド(下側)と録音ヘッド(上側)の2ツのヘッドがある。

再生ヘッド(下側)

録音ヘッド(上側)

再生ヘッドは上向きなので見えるが、録音ヘッドは下向きなので見えない。

鏡を使うと、録音ヘッドを見るコトが可能だ。

録音ヘッド

「ロ」の中心の黒ゐトコロからナニが出て、ディスクに磁界を与える。

再生/録音時の動き

再生時には、再生ヘッドで読み取るので、録音ヘッドは浮いたまま。

再生時

録音時、及びTOC書き込み時には、録音ヘッドがディスク面に降りてくる。

録音時

そして、再生ヘッドから高出力のレーザー(再生時より弱い)を照射し、磁性が失われる温度にまで加熱する。

レーザーで照射された部分が、レーザーから離れて、磁性を記録保持できる温度まで冷え始めたトコロで、録音ヘッドが磁気記録する。

磁性体が冷えて、磁性が保持される。

録音時のヘッドの動き

録音時のヘッド

録音ヘッドが降りた時には、ディスクとほぼ接触しなければナナラナイ。

録音時のヘッド

図で示すと、以下のような感ヂ。

録音時のヘッド

なので、再生は可能だが録音ができない機体で調べると、録音ヘッドは下がっているが、ディスクとの距離が大きすぎて書き込めない場合がある。

また、録音時に限り「チ・チ・チ・チ...」音がする場合は、録音ヘッドとディスクが接触している。

分解してみると、非常にゐ々加減な機構/奇行でソレしてナニしてることが分かるだろう?

こンなモノ、ジキにゐッ(故障)て当然でアルwwwww

互ゐに無関心且ツNOチェック(笑)

再生は可能だが録音不可というレコーダーは、再生ヘッドは生きているが、録音ヘッドが死んでいる場合が多い。

ヒドゐのは、録音時、正常に書き込まれているか、検知しないレコーダーがあるというコト!

再生ヘッドからレーザー光は出ており、加熱には成功しているが、録音ヘッドが磁気記録していなくても、それは検出されない!

そのまま電源OFFやディスク取り出しをすると、TOC(Table Of Contents)の書き込みとなるが、録音ヘッドががダメなので当然失敗なのだが、これも検知されない!

未使用のディスク(BLANK DISK)使用で録音を行い、何事もなく「録音成功!」(に見える)なのだが、ディスクを挿入し再生しようとすると、当然「BLANK DISK」。

-----

再生さン「加熱開始、書き込みヨロシク(夜露死苦)!」

録音さン「...」

再生さン「ホヌァ、完了やな。」

録音さン「...」

管理者「曲、アラヘンがな!」

再生さン「ワシは仕事シタで!」

録音さン「(返事がナゐ、タドァノ...以下略)」

管理者「オマゑラ、全員刑ム所!」

-----

加熱したダケで記録してナゐンで、当然そうなるワナ/罠!

クヅォ!クヅォ!クヅォ!クヅォ!クヅォ!クヅォ!クヅォ!クヅォ!クヅォ!クヅォ!

他にも

・再生ヘッドのピックアップがシぬ
・モーターがシぬ
・録音ヘッドがヒ弱でゐグァむ
・チャチなプラレールでガタガタに成ル

等の理由で、MDは故障蛾多杉!

こンなモノにこだわってル「日本の精密さ/詐」間に、iPod等の外国勢力にシてヤラれ、今の惨状!

クヅォ!クヅォ!クヅォ!クヅォ!クヅォ!クヅォ!クヅォ!クヅォ!クヅォ!クヅォ!

補記①

何らかの原因で、録音時以外でも録音ヘッドが下がったままになった場合に、ディスクの出し入れをすると、録音ヘッドの支ゑがグティアグティアになる。

分解途中でイヂルと、録音ヘッドが下がりすぎる場合があり、その状態でディスクを入れると、支ゑが曲がってしまう。

録音ヘッドとの接触

緩(ユル)ゐ曲がりの場合は、録音ヘッドが見える状態で、不要なディスクを入れて録音を開始し、録音ヘッドの位置を観察、支ゑを曲げて微調整を繰り返す。

物理的なアレにもカカワラヅ微妙杉流調整だが、ガンヴァレヴァ成功するンかはシラン(SILANE)。

補記②

上述のように、再生ヘッドは再生だけでなく、録音時に高出力のレーザー照射するため、劣化/摩耗/損耗が激しい。

その結果、録音はオロカ、再生/ディスク認識スルァできなくなるコト数多(アムァタ)!

出力調整(ヴ●カの一ツ覚え)程度では直らないため、部品交換が妥当だが、MDは日本国内しか普及しなかったため、部品入手が非常に困難!

なら「再生専用機は大丈夫」と思われルも、MD現役の時期(トキ)のシナモノは、部品やツクリが非常にチャチ且ツ安物であるため、当時は再生可能だったプレーヤーも、今使うと壊れてるwwwww

特にKENWOODのDMC-J3のような低価格機は、今やほとんどがディスク認識不可!

DMC-J3_KENWOOD

1999年あたりのシナモノであるが、何もしなくても劣化が進行、勝手に壊れている事案wwwww

DMC-J3_KENWOOD

CD-DA(音楽CD)のソレは、パソコン用で入手可能なので、再生はムァダ々大丈夫だろうが、MDは早期に消えるだろう。

今ムァダ使えるとしても、データ(=音楽)はパソコン等に退避させ、プレーヤーが壊れても再生できる環境を速やかに構築スベキかはシラン(SILANE)。

MO(Magneto-Optical disk)もソ~だが、光磁気ディスクは劣化に強いが、その記録機がクヅォ!!

データが入ッてルであろ~メディアをミセツケ、「劣化に強ゐ!劣化に強ゐ!劣化に強ゐ!劣化に強ゐ!劣化に強ゐ!」と、大音声(ダゐおンぢャウ)で延々と合唱シテイルがョゐ!

関連:[松下] SL-CT430(ポータブルCDプレーヤー) [Panasonic]

関連:[Komoda] 薦田(コモダ)のカセットテープが廃番に! [2020年]

関連:[加水分解] カメラグリップのベタつき問題の対処方法 [EOS Kiss DIGITAL,D70]

関連:TP-VS550(カセットレコーダー) AIWAなのにソニー?

関連:TP-VS550(カセットレコーダー)の2倍モードと分解した感想



プレイステーション クラシック
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2018年12月発売 20タイトル収録
メガドライブミニ
セガゲームス
2019年9月発売 42タイトル収録
メガドライブミニW
セガゲームス
2019年9月発売 42タイトル収録
PCエンジン mini
コナミデジタルエンタテインメント
2020年3月発売 58タイトル収録

-オーディオ
-, ,

Copyright© shattered-blog.com , 2020 All Rights Reserved.