shattered-blog.com

投稿記事数[玖阡(9000)]以上!PC,ゲーム,カメラ,動画などを、アヤしゐ「專門妖語」を使ッて解説スル!

「ピッ」というハードディスク(ST3500630AS,Seagate,500GB)

更新日:

SeagateのハードディスクであるST3500630AS(500GB)。

Seagate st3500630as 500GB内蔵ハードドライブ、

S.M.A.R.T.で不良がないことを確認後、保管していたのであるが、先日、試験用途で使用したところ、アクセス時に「ピッ」という音が。

ビープ音付きのハードディスクかよw

と思っていると、どうもアクセスが異常。

調べてみると、やはり05(代替処理済のセクタ数)に不良が見られた。

05(代替処理済のセクタ数)

まぁ、05が出た時点で即使用不可ではないが、不穏ではあるし、何しろ「ピッ」という音だからなwww

倉庫用途にもできないので、使用を禁止する。

Linux(Debian)で同ディスクを見ると、以下の通り。

ディスクにはほんの数個のバッドセクタがあります
ディスクにはほんの数個のバッドセクタがあります

↑の画面で「SMARTデータ(A)」をクリックすると、

Reallocated Sector Count

Reallocated Sector Count

リマッピング処理が適用されたセクタ数。
ハードディスクがリード・ライト・ベリファイ中にエラーを発見すると、そのセクタは「リマップ」としてマークされ、
データはリマップ用の予約領域(リマップ領域)へ移動されます。

正規化値:100

最悪値:100

しきい値:36

値:6セクタ

CrystalDiskInfoでは「注意」となっているのに対し、Linux(Debian)では「警告」

かなりの温度差があるね(単なる表現の仕方であっても)。

しかし「警告」は「SMARTデータ」へ進まないと見れず、ディスク・ユーティリティーでは

ディスクにはほんの数個のバッドセクタがあります

との程度なので「ま、ほんの数個なら問題ないかw」と思ってしまう

まぁ、何度も書いているが、S.M.A.R.T.はアテにならないからね。

S.M.A.R.T.で問題なくても、異音(カコンカコン)で即●亡、という経験が何度もある。

ハードディスクは消耗品であり、壊れるモノと思え!

即●傾向はSSDの方が高し、注意セヨ!



プレイステーション クラシック
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2018年12月発売 20タイトル収録
メガドライブミニ
セガゲームス
2019年9月発売 42タイトル収録
メガドライブミニW
セガゲームス
2019年9月発売 42タイトル収録
PCエンジン mini
コナミデジタルエンタテインメント
2020年3月発売 58タイトル収録

-HDD/SSD, コンピュータ
-, , , , ,

Copyright© shattered-blog.com , 2023 All Rights Reserved.