ハードディスクメンテナンス ブログ

投稿記事数8,000以上!PC,カメラ,オーディオ,ラジオ,航空,旧ゲームなど

8MB化から回復したSSD(X25-M SSDSA2MH080G1GC)のその後の処理 SecureErase,診断用完全スキャン,速度計測,045C8820

      2015年06月14日

>>高還元のクレジットカード比較 期間限定のキャッシュバックなど!<<


本件は以下の続きなので、そちらをお読みの上で。

関連:8MB化したX25-M SSDSA2MH080G1GCの回復作戦 – 多大な犠牲の上に成功!

ファームウェアをアップデートしたSSDSA2MH080G1GCであるが、念のためにSecureEraseを実行しておきたい。

・旧ファーム:045C8610
・新ファーム:045C8820(8MB化対策済のファームウェア)

Intel SSD ToolboxでSecureEraseを実行するには、BIOS(UEFI)でSATAモードをIDEにして起動する。

IDEにして起動し、SecureEraseを実行しようとすると、Security Frozen(Security Freeze Lock)状態で進まないので、SSDの電源コードを抜き差ししてSecurity Frozenを解除する。

Security Frozen(Security Freeze Lock)

Security Frozenを解除して実行。

Security Frozenを解除

SecureEraseが進行する。

40%

この時にAHCIだと、電源ケーブルを抜き差ししても、Security Frozenが解除されず、先に進めない(SSDが消えることもある)。

100%

SecureEraseは完了(数分で終了)。

さらに、診断用完全スキャンを行う。

前回、エラーになっているからね。

SecureEraseを実行した結果、エラーがなくなったのかを確認するのだ。

診断用完全スキャン

診断用完全スキャンは読み書き試験なので、実行するにはパーティションを作成する必要がある。

診断用完全スキャンが問題なくパスすることを確認する。

診断用完全スキャン

もし診断用完全スキャンでエラーが出る場合は、TxBENCHでSecureErase(エンハンスモード)を実行の上、再度チェックしてみよう。

スポンサーリンク

TxBENCH

# SSDSA2MH080G1GCはTRIMには非対応なので実行できない。

診断用完全スキャンで問題がなければ、速度を計ってみよう。

<SATA3.0接続>

INTEL SSDSA2MH080G1GC SATA3.0

Sequential Read : 264.325 MB/s
Sequential Write : 75.097 MB/s
Random Read 512KB : 201.817 MB/s
Random Write 512KB : 77.621 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 17.928 MB/s [4377.0 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 40.653 MB/s [9925.0 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) : 146.997 MB/s [35887.9 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) : 78.696 MB/s [19212.9 IOPS]

<USB3.0接続>

INTEL SSDSA2MH080G1GC USB3.0

Sequential Read : 203.390 MB/s
Sequential Write : 72.286 MB/s
Random Read 512KB : 131.331 MB/s
Random Write 512KB : 75.110 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 14.774 MB/s [3606.8 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 29.270 MB/s [7145.9 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) : 16.383 MB/s [3999.8 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) : 33.022 MB/s [8062.1 IOPS]

なお、ファームウェアをアップデートすると、Intel SSD Toolboxに変化が見られる。

「ファームウェアの更新」に於ける、旧ファームの画面

旧ファーム

新ファームの画面

新ファーム

最新のファームウェアのアップデートが、Intel SSD Toolboxからできるようになっている?

旧ファームウェア時は、ISOイメージを入手し、光学メディアかUSBメモリなどからBootして行う必要があった。

SecureEraseを終え、診断用完全スキャンを通過すれば、使用は可能かと思われるが、突如4PB(4294967.3GB)になったり8MBになったり危険杉流且信用できないSSDである。

イッてもよい試験環境に使用するか、イマすぐグォムィ箱廃棄セヨッッッッッ!!

関連:[4294967.3GB] X25-M SSDSA2MH080G1GC(80GB) [8MB]

関連:[速報] 1台で4PB(4,294,967GB)のSSDを入手! [4294967.3GB]

スポンサーリンク



sha-bc@336×280

sha-bc@336×280


sha-bc@336×280

sha-bc@336×280

  関連記事

B00N4DYNDK
brother(ブラザー)の インクジェットプリンター 複合機 両面印刷 無線LAN DCP-J557N がタイムセールで5,680円!

brother A4インクジェットプリンター複合機/10/12ipm/両面印刷/ …

B01C2JRYPU
LGの 31.5型 液晶モニター フルHD IPS ハーフグレア ブラック 32MP58HQ-P がタイムセールで24,980円!

LG 32MP58HQ-P ディスプレイ・モニター 31.5インチ/IPSハーフ …

B01FQ6JM8S_16651円
Acer(エイサー)の 27型 液晶モニター フルHD(1920×1080) VA 非光沢 KA270HAbmidx がクーポン適用で16,651円!

18,651円-2,000円(クーポン)=16,651円! 関連:最新のクーポン …

B00QIH3RUY
Samsungの SSD 850 EVO 500GB MZ-75E500B/IT がタイムセールで16,130円!

Samsung SSD 500GB 850 EVO ベーシックキット 2.5イン …

サイバークリーンセンター
CCC(サイバークリーンセンター)のサイトが閉鎖 – 2015年3月

CCC(サイバークリーンセンター)が2011年3月に終了し、サイトは2015年3 …

B004W1KCCO
Logicool(ロジクール)の ワイヤレスキーボード Unifying対応レシーバー採用 K270 がタイムセールで1,537円!

ワシも持ってる(下の黒い方)。 関連:K270(ロジクール/LOGICOOLのワ …

vino(デスクトップの共有)
Windows10からUbuntuの遠隔操作を行う方法 vino,VNC

タイトルにWindows10と書いたが、Windows7/8/8.1でも同様。 …

B01BGLHQO4
LGの 19.5型液晶モニター 1440×900 IPS 非光沢 20MP48A-P がタイムセールで8,880円!

LG 20MP48A-P IPSディスプレイ モニター 19.5インチ/1440 …

B01FJ4UN76
Kingston(キングストン)の SSD 120GB 3年保証 SUV400S37/120G がタイムセールで4,200円!

Kingston (キングストン) 内蔵2.5インチ SSD Now UV400 …

B01CCUYZ5Q
Transcend(トランセンド)の SDXCカード 128GB Class10 UHS-I U3対応(最大読込速度95MB/s) TS128GSDU3E がタイムセールで6,980円!

【Amazon.co.jp限定】 Transcend SDXCカード 128GB …