ハードディスクメンテナンス ブログ

投稿記事数8,000以上!PC,カメラ,オーディオ,ラジオ,航空,旧ゲームなど

RAD-S330N(AudioComm,オーム電機) レビュー (DEGEN DE108 OEM)

      2016年06月15日

>>高還元のクレジットカード比較 期間限定のキャッシュバックなど!<<


RAD-S330N(AudioComm,オーム電機)である。

RAD-S330N

コレ、中国DEGENのDE108のOEMだね。

2007年前後のラジオだから、新品での入手は困難だろう。

2010年頃は格安(1,000円程度)で買えたのではないかな?
秋葉原の露天とかで。

PLLデジタルチューニングなので、選局がズレることはない。

液晶画面がスピーカーの下にあるとユー、ドァスァイデザイン。

短波も受信が可能。

上面には、ロッドアンテナ、ステレオ/モノラル切替スライド、ロックスライド、イヤホン端子(3.5mm)。

上面_RAD-S330N

前面には、電源ボタン、+ボタン、-ボタン、バンド切替ボタン、M+ボタン、M-ボタン、時刻設定ボタン、オートオンボタン、スピーカー(直径40mm)、液晶。

前面_RAD-S330N

裏面には電池室とリセットボタン。

裏面_RAD-S330N

単3電池2本でウゴくので、扱いは楽。

ラジオ視聴中に時計表示はできない。
バンド/時計ボタンがあるので、これを押すとできそうに思えるが、電源OFF時のデュアルクロックの切替であり、ON時に押すとバンドが切替わってしまう。
よって、時計を見るには電源を切る必要がある。

スピーカーは直径40mmで大きくないが、音質は(サイズにしては)悪くない。

ボリュームはアナログ式であり、ロックはできない。
回転抵抗がユルいので、何かに触れた際に音量が変わってしまうので、もっとカタめが理想。

イヤホン端子が上方に出ているので、胸ポケットに入れた際に都合がイイが、胸ポケットに入れるには重いかな(単3×2本のため)。

FMと短波用のロッドアンテナは、真上にしかノヴァせない(曲がるトコロがナイ)。
最大に伸ばしても本体上面から約35cmと短い。
これを直線にノヴァし、クロいBODYを片手にマティを歩いているとぁゃιぃ。

液晶内の中波表示がKHz(Kが大文字)となっている。

Kが大文字_RAD-S330N

# コレはドチラでもエーケドwwwww

中波は1629kHzまでカヴァーしているが、ステップが9kHzステップ固定なので、9kHzステップ上にない局は受信不可。

灯台放送(船舶気象通報,1670.5kHz)やマーチス(海上交通情報,1651kHz/1665kHz)は受信できず、ハイウェイラジオ(1620kHz/1629kHz)くらいまで。

短波は5kHzステップなので、ボルメット放送(空港周辺気象情報,6679kHz)のような5kHzステップ上にないものは受信できない。

6679kHzを6680kHzにズラして受信できるが、SSBがないので、ボルメット放送が受信できてもあまり意味はない。

短波は5kHzステップなので、チューニングボタンを押し続ける必要がある。
長く押してから離すと自動選局、押し続けると移動し続ける。
移動し続ける速度は、自動選局よりも若干速い。
よく聴く局は登録すれば問題ないが、FM/MW/SWの各10局まで。

短波は5.95MHzからなので、3MHz帯のソレは受信不可。

・ラジオNIKKEI第1:3.925MHz、6.055MHz、9.595MHz
・ラジオNIKKEI第2:3.945MHz、6.115MHz、9.760MHz

メモリーはFM/MW/SWの各10局だが、短波で10局は少奈杉流。
メモリーNOは、0-9の10局。
メモリーNOは任意に割り当てる仕様だが、削除できないので、メモリー移動時に余ったメモリーNOに進んでしまうと「ザーッ!」音で不快。
それを避けるため、余剰NOにも何か局を入れておくなどの工夫が必要。
また、メモリーNOと周波数の一覧を予め用意してからメモリー作業を行うとルァク。

スタンドがないので立てにくい。
ロッドアンテナを伸ばすとより困難になる。

電源ボタンは本体前面にあるが、これは上面の方がよかったロー。
片手で電源をONにしにくいからドァ。

電池を交換の際、短時間だとデータ(局登録や時計)は消えない。
長時間電池なき場合に消えるかは未確認。

背面にリセットボタンがある。
電池交換後、ロックボタンが効かなくなるなどの不具合がある場合は、リセットすることで直る。
リセットするとデータが消えるかは未確認。

テンキーがないので、周波数の直接入力はできない。
近くの登録局などからの移動となるが、離れていると時間がかかって面倒杉流!
ネットなどで知った周波数を聴いてみよう!と思っても、コレだとイルァイルァする。

DSPではなくPLLだが、周波数移動中は音が出ないので、探りながらの受信には不適。

複雑ではないのだが、直感的に操作できない。

局登録は、受信後、時刻設定ボタンを押し、MEMOが点滅したら、M+/M-を押してメモリーNOを選択、再度時刻設定ボタンを押して決定。
似たようなボタンが並んでいるので、手探りでの操作は困難。
登録局を移動するM+/M-は多用するキーだと思うのだが、縦に並ぶ中間にあるので手探りでは困難。

時計の設定時、+ボタンで時間(Hour)の上移動、-ボタンで時間(Minutes)の上移動。
+/-だから上下では?
上方向しかないので、行き過ぎると一周して戻ってくる必要がある。

バッテリーが不足してくると、液晶内に電池マークが点滅する。

ランプの類がないので、暗闇では操作困難。
上述した手探りでのボタン判別が困難な点もあって、夜間の操作は困難。

受信感度は、FM/中波/短波の全てに於いて低く、テンキーがないので直接入力不可、周波数の移動中に音が出ないのでサグるような受信もできず、DE1103のようなムァヌィアックな使い方はできない。

既知の周波数を登録しておき、その間を移動して使うラジオだろうが、肝心の移動ボタン(M+/M-)が手探りで分かりにくいという使い勝手の悪さ。

この小型BODYで短波が受信できるのはイーガ(EEGA)、10局という登録数は少奈杉。
FMや中波なら10局でも済むだろうが。

それなりにムァヌィアックな使い方をするなら、BODYは大きくなるが、ER-C57WRの方が確実にいい。
感度は上、テンキーがあるので直接入力が可能、液晶のライトがあって暗闇でも操作可能。

FMや中波ラジオでいいのなら、一発ボタンのある他のラジオの方がいい。
私の所有機であれば、SRF-R633VSRF-M806

SONYの現行機種なら、

SRF-R431
XDR-63TV
ICF-R354M(山ラジオ)

など。

SONY FM/AM PLLシンセサイザーラジオ ICF-R354M

これらは一発ボタンが本体上部の分かりやすい位置にあって、手探りで探せるのでイルァイルァしない。

ネット上での情報は少ないものの、高評価が見られるRAD-S330Nダグァ、私の評価は非常に低い。
評価が高いのは、入手時の価格(1,000円以下)もあってのことだろう。

スポンサーリンク

普段はFMや中波を聴き、マレに短波を聴く、という用途にしか向かない。
とにかく、登録していない場合は周波数移動が面倒杉流。
バンド切替での短波はメーターバンドではなくヒトマトメなので、離れていると悲惨。

コレを買うなら、2千円前後と安価なER-C55T(ELPA,朝日電器)の方がいいのではないか。
局の登録はできないが、目的周波数への到着は、ER-C55Tの方が速いだろう。

RAD-S330Nの利点は小型であることだが、ER-C57WRやER-C55Tより小さいが、持ち出しを左右するほどの差はない(DE1103ホドの大きさになると気合が要るが)。

なお、RAD-S330Nは中国DEGENのDE108のOEMと書いたが、外観が同じでDSP版のDE17がある。
DE17の外観はRAD-S330Nをシルバーにしただけのように見えるが、中身は全く異なる。
ステレオ/モノの切替がアンテナ切替(ロッドアンテナ/イヤホン)になっている。

やはりテンキーがなく、ボタン数は同じ(機能は異なる)なので、DE17に於いても、RAD-S330N(DE108)と同じイルァイルァがあるだろうから、DE17の購入に際しても注意が必要。
液晶の表示内容も異なるようだけど。

<RAD-S330N(AudioComm,オーム電機)>

受信周波数
・FM:76.0-108.0MHz(0.1MHzステップ)
・MW:522-1629KHz(9kHzステップ)
・SW:5.95-15.60MHz(5kHzステップ)

短波(6バンド)
49m/41m/31m/25m/22m/19m

メモリー
・FM/MW/SWの各10局

FMステレオ(ステレオモノラル切替可)
誤動作防止ロック機能

時計
・2カ国の時刻を設定可能(デュアルクロック)
・オートパワーオン機能
・目覚ましアラーム機能
デュアルクロックだがタイマー系はメインクロックの方しか使えない。

サイズ・重量
・22x95x63mm,85g

電源
・単3形乾電池x2本
・DC3V(アダプター別売)

スピーカー
・直径40mm

連続使用時間(アルカリ乾電池,音量中)
・イヤホン使用時:FM約54時間、MW/SW約60時間
・スピーカー使用時:FM約48時間、MW/SW約50時間

関連:ER-20T-NとER-C54T,ER-21T-NとER-C55Tの新旧比較(ELPA,エルパ,朝日電器)

関連:ER-C57WR(ELPA,朝日電器)のレビュー①(エアバンドや灯台放送など)

関連:ER-C57WR(ELPA,朝日電器)のレビュー②(エアバンドや灯台放送など)

関連:ER-C57WR(ELPA,朝日電器)のレビュー③(エアバンドや灯台放送など)

関連:ER-C57WR(ELPA,朝日電器)のレビュー④(エアバンドや灯台放送など)

SONY FMステレオ/AMポケッタブルラジオ R431 シルバー SRF-R431/S
ソニー (2010-02-10)
売り上げランキング: 49,641
SONY TV音声受信ラジオ ブラック XDR-63TV/B
ソニー (2012-10-20)
売り上げランキング: 45,713
SONY FM/AM PLLシンセサイザーラジオ ICF-R354M
ソニー (2015-07-11)
売り上げランキング: 5,558
スポンサーリンク



sha-bc@336×280

sha-bc@336×280


sha-bc@336×280

sha-bc@336×280

  関連記事

ICR-S71
ICR-S71 – ソニーの野外作業用防滴仕様ラジオのレビュー(生産完了,生産終了)

ソニーの野外作業用防滴仕様ラジオである、ICR-S71ね。 デザインがアレなラジ …

分解_SRW-810
SRW-810(Audiomax,D11553) 録音可能なFM/AM/SWラジオ レビュー④

SRW-810をカルく分解してみた。 背面のネジを外すと開く。 ボタン類が落ちる …

[7275kHz] KBS国際放送(KBS World Radio) - ER-C57WR(ELPA,朝日電器) DE1103(DEGEN,愛好者3号)
[7275kHz] KBS国際放送(KBS World Radio) – ER-C57WR(ELPA,朝日電器) DE1103(DEGEN,愛好者3号)

左(L):ER-C57WR(ELPA,朝日電器) 右(R):DE1103(DEG …

auラジオ
風呂ラジオに水が浸入(ハイ)り電源スイッチが錆(サビ)ていた件 防水 防滴 PR-320亜種

風呂ラジオとして使っていた、以下のauのラジオ。 電源が入らなくなったのね。 で …

AMステレオ vs FM補完放送(ワイドFM) CR-S8(aiwa) DE1103(DEGEN)
AMステレオ vs FM補完放送(ワイドFM) CR-S8(aiwa) DE1103(DEGEN)

AMステレオの数少ない生き残りであるラジオ大阪で比較! 23年上の老兵vs新参兵 …

ICF-38
ICF-38(ソニーのFM/AMラジオ,米国仕様)のレビュー

ICF-38(ソニーのFM/AMラジオ,米国仕様)を公開。 米国にて手に入れたの …

972kHz(KBS韓民族放送,旧「社会教育放送」) ER-20T(ELPA,朝日電器)
972kHz(KBS韓民族放送,旧「社会教育放送」) ER-20T(ELPA,朝日電器)

2016年3月,23時台,室内 Mar 2016,23:00-00:00(JST …

分解_DE1103
DE1103(DEGEN,愛好者3号)は分解してはならない!

DE1103(DEGEN,愛好者3号)は分解してはならない。 とにかくケーブルが …

割れた後_CR-S8
CR-S8(aiwaのAMステレオラジオ)がチューニング不可に!故障 修理

AMステレオに対応したラジオであるCR-S8(aiwa)について以前書いたが、突 …

RAD-F314M
RAD-F314M(AudioComm,オーム電機)とICF-801(SONY) デッドコピー

AudioComm(オーム電機)のRAD-F314M。 SONYのICF-801 …