ハードディスクメンテナンス ブログ

投稿記事数8,000以上!PC,カメラ,オーディオ,ラジオ,航空,旧ゲームなど

FHT-P2 放射温度計(AVANTEK) レビュー

   

>>高還元のクレジットカード比較 期間限定のキャッシュバックなど!<<


AVANTEKの放射温度計(FHT-P2)を入手した。

FHT-P2_放射温度計

放射温度計とは、物体(測定対象)から放射される赤外線により温度を測定する温度計。

なので、測定対象に接触させることなく(=非接触)、温度が測れる。

箱の外装は、以下。

箱の外装_FHT-P2

内容物は、以下。

内容物_FHT-P2

本体と説明書、電池の3点である。

説明書は分厚いので驚くが、多言語収録(英語・日本語・ドイツ語・フランス語・イタリア語・スペイン語)のためであり、内容はカンタン。

説明書_FHT-P2

使い方は非常にカンタンで、電池を入れて、測定対象に向け、トリガーを引くだけ。

電池ケースは底面にあるが、これが非常にかたく、開けづらい!

電池ケース_FHT-P2

写真の方向にズレるハズなのだが、かたくて動かない。

写真の方向にズレるハズ_FHT-P2

下記部分にマイナスドライバーを挿し込んで回転させることで開いたが…

マイナスドライバーを挿し込んで回転_FHT-P2

電池は、単3電池を2本使用する。

付属の電池も使えるが、エネループ(白)があったのでそれを入れてみた。

エネループ_FHT-P2

エネループなどのニッケル水素電池は電圧が1.2Vと低いのだが、問題なく稼動している。

他の放射温度計は9V電池を使うモノがあるが、単3電池の方が安価に済むのでよい。

電池を入れたら、側面のスライドスイッチをBody(人体)かObject(物体)にする。

側面のスライドスイッチ_FHT-P2

放射率の違いからこの切り替えがあるのだろうが、単にヒト(体温)かモノかで判断すればよい。

3-15cmの距離で測定対象に向け、トリガーを数秒引く。

トリガーを引くことで電源が入る。

ピッ♪と音がしたら、測定完了、温度が表示される。

測定完了_FHT-P2

液晶がバックライトで光るので、暗いところでもよく見える。

そのまま放置すると勝手に消える(トリガーを引いてから約15秒後)ので、イチイチ電源をOFFにする必要がなく、切り忘れる心配がない。

体温測定の場合は、温度アラームが設定できる。

体温が高い場合に警告音を出すのね。

デフォルトでは38゚Cに設定されているが、0.1゚C単位、37-42゚Cの範囲で設定可能。

設定値を超えると、温度が点滅し、ピッピッ♪ピッピッ♪ピッピッ♪と警告音が鳴る。

表示がHi(高)やLo(低)となって、温度が表示されない場合がある。

これは、温度が測定範囲外もしくは異常値となった場合である。

体温の場合、32-42.5゚C。

体温が32゚Cというのは低すぎるし、42.5゚Cというのは高すぎるからね。

物体の場合は、0-100゚C。

冷凍食品やハンダごて(240゚C以上)などは、測定範囲外だ。

熱し始めたフライパン_FHT-P2
↑熱し始めたフライパン:89.6゚C

水道水_FHT-P2
↑水道水:24.5゚C

充電中の電池_FHT-P2
↑充電中の電池:43.9゚C

ラーメン(前)_FHT-P2
↑ラーメン(前):73.1゚C

ラーメン(後)_FHT-P2
↑ラーメン(後):58.0゚C

スポンサーリンク

ラーメンは器に移すとどんどん温度が下がる。

Body(人体)かObject(物体)の切り替えであるが、Objectにして体温を測ると低めに出る。

体温_Body_FHT-P2
↑Bodyで測った体温

体温_Object_FHT-P2
↑Objectで測った体温

放射率の設定が異なるためであろうが、体温測定の場合は必ずBodyにすること。

測定記録が過去32回分残っているので、直前の値を(頭で)覚えておく必要はない。

BodyとObject、各々個別に32回分残っているようだ。

過去ログの閲覧は、側面にある+-キーで行う。

側面のスライドスイッチ_FHT-P2

32回分を超過した過去ログは古いものから上書きされ、保存などはできないが、必要ないだろう。

摂氏(゚C)と華氏(゚F)の切り替えも可能。

摂氏(゚C,Celsius)
華氏(゚F,Fahrenheit)

日本では摂氏を使うので華氏にすることはないが、アメリカ合衆国などでは華氏が使用されている。

温度校正も可能。

0.1゚C単位、+3から-3゚Cの範囲で設定可能。

温度が確実に分かっているものがあると、校正に使える。

赤外線式を放射温度計は、その仕組みから、測れないものがあるので注意。

まず、測れるのは表面温度であり、内部温度は測れない。

水の温度は測れるが、表面温度である。

よくかき混ぜることで均一化すれば、内部温度も知ることができる。

ペットボトル入りの水をペットボトル越しに測ると、水ではなくペットボトル表面の温度になるが、ペットボトル表面と水の温度が同じであると考えれば測定可能。

塗膜のない素の金属は、放射率が低く、正しい温度にはならない。

光沢が出ないように、その表面と同じ温度になる黒体テープ(放射率0.94-0.95)を貼るなどする必要がある。

但し黒体テープは高額なので、簡易的であれば普通のビニールテープでもかまわない。

ビニールテープの表面が、その金属の表面温度になれば問題ない。

FHT-P2は、人体の温度(体温)を測定するのに向いている。

操作が非常にカンタンであり、子供でも使える。

放射温度計の多くには、測定箇所を示すレーザーが出ているが、人体に当てるのはアレ(目に入ると危険)だし、OFFにできる機種であっても面倒。

FHT-P2はそもそもレーザーがないので、そのような心配がない。

当てて、トリガーを引くだけだ。

<FHT-P2の仕様>

・測定距離:3-15cm(1.2-5.9in),最適距離:5cm
・測定可能体温:32-42.5゚C(90-108゚F)
・測定可能物体温度:0-100゚C(32-212゚F)
・測定正確性:±0.3゚C(0.54゚F)
・表示可能解析度:0.1゚C(0.1゚F)
・ログ機能:32測定値
・電力:DC3V(単3電池2個同梱)
・動作環境:10゚C-40゚C(50゚F-104゚F)湿度≦85%
・保存環境:0゚C-50゚C(32゚F-122゚F)湿度≦85%

<放射温度計のメリット>

非接触
 衛生的

短時間
 接触型はナジムまで時間がかかる
 対象が動く(子供など)場合に有効

測定者による誤差が少ない
 向けてトリガーを引くだけ

なお、100゚C以上も測りたい、マイナスも測りたい、レーザーポインターもほしいという場合は、以下のモデルがいいだろう。

AVANTEK 非接触温度計 赤外線放射 デジタル測定器 レーザーポイント機能付き 多用途 調理用 自動車の検査など 広い測量範囲 -50~+550℃ 日英取説 電池付き TG-3B

AVANTEK 非接触温度計 赤外線放射 デジタル測定器 レーザーポイント機能付き 多用途 調理用 自動車の検査など 広い測量範囲 -50~+550℃ 日英取説 電池付き TG-3B

測定範囲が-50゚C(-58゚F)~550゚C(1022゚F)と広く、レーザーポインターがあるのでどこを測っているのかが分かる。

但し、レーザーポインターがあるので扱い注意と、単3電池ではなく9V電池を使う。

さて、大空に放射温度計を向けると、どうなるだろう?




sha-bc@336×280

sha-bc@336×280


sha-bc@336×280

sha-bc@336×280

  関連記事

no image
ASUS A7V BIOS

ASUSのA7Vで組み始めたのですが、 Duron1.2GHz(Morganコア …

no image
とんかつ

梅入りのとんかつを食べました。 スポンサーリンク

no image
ISAPI_Rewriteのライセンスキー

ISAPI_Rewriteのライセンスキーを入手しました。 キーが異常に長い&# …

no image
Intel PentiumIII Processors

スポンサーリンク Intel PentiumIII Processors Fil …

no image
適度な休憩

スポンサーリンク 昨日よく歩いたが、疲れたのか疲れていないのか良く分からない。し …

Socket939マザー
Socket939マザーのBIOSのUpdate Athlon64 X2 3800+

Athlon64 X2 3800+(デュアルコア)を動かしているM/Bの、BIO …

no image
WindowsXP Service Pack 2 日本語版の提供を9月2日(木)より開始

WindowsXP Service Pack 2 日本語版の提供を9月2日(木) …

no image
再起「働」

大変なことになっている! スポンサーリンク

no image
新掲示板

スポンサーリンク 新掲示板を公開しました。

no image
gooのページランク消滅

スポンサーリンク gooのページランクが消滅しています。 試験中なのか&#823 …